チンギスハンの安心の資産運用

40代50代60代のリタイア準備の方へ。安全な投資で資産の最大化を応援

【凡人が株式投資を確実に成功させるコツ新12】買いのタイミングは?

将来は見通せないが損切りの確率を減らすことはできる

1 買うタイミングは関係ないという次のような意見もあります

(1)どんなに時期を選んでも将来は見通せないから意味はない

(2)買値の多少の差は長い投資期間では大きな意味を持たない

(3)一時的に含み損を抱えても将来的には値上がりするから問題ない

それに対する私の反論は

(1)インデックスならともかく個別株では適切かどうかはわからない。

(2)リスクを数値化していなければリスク管理ができない

(3)どれだけの額の含み損なら耐えられるかは個人差が大きく他の人には当てはまらない

(4)リスク管理をしていないと大きな損を抱える可能性がある。

凡人としては「リスク管理をしない方法」は取るべきではないと思います。

スポンサーリンク

 

2 リスク管理の観点から買いのタイミングを考えると

「含み損」になる確率を減らすことを目標とします。

f:id:tingisuhan:20190913144549p:plain

下落トレンドにある株は買わない

一番のポイントはこれだと思います。長期上昇トレンドにあることが必須の条件です

1 振幅がなければいつ買ってもOK

右肩上がりの直線の場合はいつでもOKですが、そういうチャートは見たことないです。比較的近いのでは

次は保有があるNEEネクストラエナジーの2年チャートです。

ãã£ã¼ãç»å

順調な右上がりですから大まかに言えば過去のいつかっても大丈夫だったです。

10%の損切りラインを設定したとしても損切りにかかったのは2018年の2月と2018年末の2回だけです。

2 損切りの確率を減らす「グランビルの法則」・・・実質2つ

様々なチャート分析がありますが私はシンプルな「グランビルの法則」を使っています。下がそのモデル図です。

f:id:tingisuhan:20190911103602p:plain

(1)売りと買いのそれぞれ4回のタイミングがあります。売りはしないのでカット。

(2)買いのタイミングは4回ありますが4番は難しいのでカット

●買いの1番・・・下落トレンドで来た株が上昇トレンドに転換して平均線(50日線)を下から突き抜ける。一番大きな利益が得られることが多い。

→下落トレンドから上昇トレンドへの転換を見極めるのが難しい→カット

売買で稼ぐタイプの人には大事なポイントです。

●買いの2番・・・上昇トレンドにある株が平均線を割って反転し再び上昇する

●買いの3番・・・上昇トレンドにある株が平均線に近づいてあるいはタッチして再び上昇する。

注意点 チャートの期間のとり方と平均線の種類で変わるので要注意

スポンサーリンク

 

<具体的には>

上記NEEの2年チャートでは75日線で2番が4回、3番が2回表れています。

そのいずれもが成功しています。次はMSFTの同じく2年チャートで75日線です。

f:id:tingisuhan:20190913141034p:plain

わかりやすいので2番が2回、3番が3回表れています。

証券会社のサイトでは平均線の期間も自分で設定できます。50日線の方が回数は現れやすくわかりやすいです。

次はVビザの半年チャートで平均線は50日です。

f:id:tingisuhan:20190913141429p:plain

2番が5回まさに現在がそうです。3番が1回(2番とも言える)5月に表れています。

現在を除いて過去の5回はいずれも成功しています。(損切りにかかっていないという意味です)マスターカードもほぼ同様の動きをします。

ここまでの結論

グランビルの法則の2番、3番の利用で損切りは減らせる。(個人の見解です)

欠点は買うタイミングが限定されることです。

→チャンスが限られるので損切りにかかる確率は覚悟して悪くないタイミングで買う方法も考えられます。

重要 下げている途中では買わない

損切りに合わないことが目的なので下げている途中では買いません。安く買えるかも知れませんが損切りに会う確率は高まります。

 

以上です。次回はより大事な「買い増し」についてです。

今回のユーチューブ動画ダイジェストは→https://youtu.be/U-4FhHpI3Wo

 

下をクリックして応援いただければ嬉しいです。よろしくおねがいします。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク