チンギスハンの安心の資産運用

40代50代60代のリタイア準備の方へ。安全な投資で資産の最大化を応援

インデックス投資の欠点は一つだけ、あとは誤解です。

こんにちは

ネットの記事で「インデックス投資の残念な点」という記事を読んだので書きました。

スポンサーリンク

 

理由は「さえない銘柄が入っていること」でした。

東証1部を例に挙げて買いたくない銘柄が入っていることを根拠にしていました。

東証1部の時価総額平均はTOPIXです。2千社以上もありますから気に入らない、買いたくない銘柄は確かに存在するでしょう。

しかしこれは誤解です。

理由は誰かの好みで選んだ銘柄群がインデックスを上回るわけではないからです。

アクティブ投信がインデックス投信を上回るのは20%ほどという事実

時期や国により違いますが、米国で5年以上ではS&Pインデックスを上回ったアクティブ投信は20%ありませんでした。期間が長くなると率は下がります。

理由は割愛しますが「意志を持って選ぶ」からだと言われています。

無作為に機械で選ぶとインデックスと対等になるはずだからです。

逆に言うと20%は上回っているので選ぶ才能があれば選ぶほうが有利です。

スポンサーリンク

 

他のインデックス投資の欠点と言われているものをあげると

1 損をすることがある

→何を言っているんだか?当たり前でしょう。

2 そんなに儲からない。

→何を基準にしているのか、何を目的にしているのか不明。

3 もっと儲かる銘柄がある。

→じゃあさっさとそれを買えばいいじゃない。

4 上下幅が小さいので旨味がない。

→それは長所だと思うけど。まさかデイトレードに使うつもりじゃあ?

5 日本株は景気敏感株、循環株なのでインデックスにしてもリスクがある。

→インデックスは日本株だけを対象にしません。シェア8%の日本株だけを買ってインデックス投資を終わらせないでください。

6 一部の銘柄の動きが指数を大きく動かす欠点がある。

日経平均やダウ指数のことを言ってるんだと思います。これらは単に株価を足しているので市場の動きを代表しているわけではないです。ダウは30社しか無いです。

TOPIXS&Pを使いましょう。あとはMSCI指数とかヴァンガードが採用しているFTSEなどでもOK。

7 優待がもらえない。

→何を目的にしているんでしょうね。意味がわからない。

欠点は存在する→オープンな指数を使っていること。

確かに欠点は存在します。それは公開されている指数を使っていることです。

1 指数組み換え時に狙われること。先回りして買われるロス。

S&P500という世界の時価総額の45%をカバーしている指数があります。

文字通り米国の上位500社の時価総額の加重平均です。

企業の栄枯盛衰により入れ替えが行われます。

ヘッジファンドにすれば「新入り」を事前に買っておけば利益が発生します。また退出組は必然的に売られます。

これにより指数全体は割高になりますからロスが生じます。

これはシーゲル博士が指摘しています。

対策としてはよりカバー率が高く99%のVTIを買うことです。日本からは楽天全米。

VOOのカバー率は80%。

2 実際の影響は感じられない。

差が気になるところです。

経費率はどちらも0.03%で世界最安です。配当はVOOが1.85%VTIが1.82%と互角。

過去のパフォーマンスは

f:id:tingisuhan:20190401172749p:plain

濃いブルーがVTI、薄いブルーがVOOですがほとんど差がないです。

それでもロスが気になる方はVTIがいいですね。自分はVOOを買ってます。

このことは他の有名なMSCI指数でもあります。

2 小さな欠点 使用料がかかる、ベンチマークで微妙に差がある。

人手や手間がかかるアクティブ投信とは比較になりませんがインデックスでも「指数使用料」がかかります。

有名なMSCI指数などです。そのためヴァンガードはより安いFTSE指数などを使用してコスト削減をしています。

どれも同じように見えますがベンチマークを確認することも大事です。

ベンチマークをどれにするかでパフォーマンスに差が出るし好みもあるからです。

またベンチマークと乖離が大きい投信は問題ありです。(下回っている場合は特に)

世界全体対象でもVT楽天全世界はFTSE指数で8000社時価総額で98%以上をカバー。

スリムオールカントリーはMSCI指数で3千弱の会社でカバー率は85%です。

3千で自分は十分と思いますがより高いカバー率を求める人はVTがいいです。

以上です。こんな根拠のない記事が堂々と出ているようではインデックスの認知度もまだまだですね。長所と短所を熟知してうまく使い倒したいものです。

お願い ランキングに参加しています。下をクリックして応援いただければありがたいです。よろしくおねがいします。

 にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク